" "

その気になれば還暦過ぎてたって起業できる

50歳でNZ留学・60歳で起業 実践しているのは地味にコツコツ

ダイヤモンドプリンセスクルーズ旅行記(客室)

time 2018/09/25

ダイヤモンドプリンセスクルーズ旅行記(客室)

こんばんは。今日は雨が午前中降っていましたが、午後からは晴れ、買い物に出掛けた起業家ばぁばnanaです。

今回は、ダイヤモンドプリンセスの客室の紹介をしたいと思います。

船内の客室は

★内側ツイン

★海側ツイン

★海側バルコニー

★ジュニアスイート

★スイート

とあります。

部屋の値段は順次高くなります。

そして、私たちが申し込んだのは「海側ツイン」

最初はどうせ寝るだけだから「内側ツイン」でもいいよね。と言っていたのですが、早割とリピート割り(友達が2回目の利用だったので)を利用すると、「海側ツイン」でも「内側ツイン」よりも安くなることが分かったので、高窓のある「海側ツイン」にしました。

チェックイン当日まで、「海側ツイン」のつもりでいたのですが、チェックインで「部屋が変わりました」と言われました。

部屋に行くまでどんな部屋かもわからなかったのですが、行ってみたらなんと「海側バルコニー」の部屋でした。

大きな鏡付。向かい側にはテレビがあって、船内ニュースやNHKの番組を放映しています。映画も見れます。
一日中部屋にいて映画を観てる人もいると聞いてびっくり。もう何度も来てるのかしら?贅沢な過ごし方というのでしょうかね。理解に苦しむ。

毎日ベッドメイキングしてくれる、快適ベッド。
船の揺れがちょうど良くてぐっすり眠れます。

広ーい、クローゼット。
二人分の10日間の洋服がゆったり入ります。右側には棚があるので、Tシャツなどはそちらに畳んで入れられます。

バス・トイレ。結構狭いです。でも船にはプールが3個、それぞれのプールにはジャグジーがついてます。
有料ですが温泉もあります。
ジムにはもっと広いシャワールームもあるので大丈夫。

バルコニーに出れば、海を身近に感じられます。どこを見ても海なんですけどね(笑)

長ーい廊下。部屋は船首の方だったので、毎日この廊下を何往復もしました。いい運動になりました。

友達は前回は内側ツインだったので、感激!!

贅沢しないようにと思っていたけど、やっぱりバルコニー付きは最高です。

自分の部屋にいながら、海を眺めてのんびりできるし、何と言っても解放感が半端ないです。

なので、前回紹介した「ルームサービス」ゆったりとした気分で頂けました。

ついてるね。

いつもご訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています、ぽちっと頂けると嬉しいです。


人気ブログランキング

sponsored link

down

コメントする




ご挨拶

趣味

起業家ばぁばnana

起業家ばぁばnana

50歳になった年にニュージーランドへ留学、通算1年間片言英語で過ごしました。 60歳になった年の年末に、起業。 年金に頼らず生活できる基盤を構築中です。 ひつじ年です。
いつもご訪問ありがとうございます。 ブログランキングに参加しています、ぽちっと頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

最近のコメント



sponsored link