" "

その気になれば還暦過ぎてたって起業できる

50歳でNZ留学・60歳で起業 実践しているのは地味にコツコツ

コストコで買って来たピエロギという冷凍食品

time 2018/09/24

コストコで買って来たピエロギという冷凍食品

やっと連休が終わりほっとしている起業家ばぁばnanaです。

今日は二記事目です。

先日コストコで「ピエロギ」という冷凍食品を買ってきました。

特にこの食品がどこかで紹介されていたというわけではなく、いつものように、コストコでグルグル回りながら何かおいしそうな物ないかなーと物色していたところ、冷凍食品の前でふと目にしたもの。

なんとなく美味しそうだな。

一度は過ぎ去ったものの、なんだか気になる。

買ってみよう。

と、手に取ったのがピエロギ。

正直、読み方わかりませんでした。写真につられて買ったんです。

箱を持ってみたらずっしりと重い。

箱には4.5kgと書いてあります。

そして、1袋に32~36個くらいのが、4袋も入っているんです。

お値段は1688円なので、安い!

いざ食べる時にどうやって食べたらいいのかな?と検索して出てきて初めて名前を知りました。

検索に入れた文字は

「コストコ 冷凍食品 マッシュポテト チーズ」って入れたら、画像が出てきて、名前を知ったの。

ウイキペディアで調べてみたら↓

ピエロギ(波: pierogi)は、様々な具を詰めたダンプリングまたは膨らまない生地を、茹でてまたは焼いて作る東ヨーロッパ周辺の料理である。このダンプリングは、スラブ諸国(ロシア、ポーランド、スロバキア)やバルト諸国(ラトビア、リトアニア)で人気のある料理で、ピエロギとヴァレーヌィクはウクライナ、ポーランド、スロバキアの国民食とされている。
ピエロギには多くの別名(ピェロギ、ペロギ、ペローギ、ピロギ、ピローギ、ピロゲン、プローギ)があり、いずれも「ロ」にアクセントがある。

ほう、なるほど。

中に入れる材料としては、挽き肉、マッシュポテト、チーズ、ファーマーズチーズ(全乳チーズ)、ブリンザ(羊乳チーズ)、ザワークラウト、キノコ、好みによる他の材料の具を(1種または様々な組合わせで)詰める。デザート用ダンプリングとしては、サクランボ、イチゴ、キイチゴ、ブルーベリー、モモやリンゴのような新鮮な果物を詰め、種をとったプルーンも使われる。

いろいろ楽しめるんですね。

私の買ったのはチーズ風味のマッシュポテト。

どうやって食べたかというと、

中火で表面をじっくり焼いて、きつね色になったら、ポン酢を入れて、ジュッと。

ふつうに御飯のおかずになります。

これを食べた娘が「トマト味にあうんじゃない」というので、市販のトマトと鶏肉の煮込みペーストを買ってきて、鶏肉・玉葱・マイタケ・ピエロギを入れて作ってみたら、本当に美味しかった。

今のところこの2種類ですが、まだまだピエロギ沢山あるので、レシピ調べて作ってみたいと思います。

いつもご訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています、ぽちっと頂けると嬉しいです。


人気ブログランキング

sponsored link

down

コメントする




ご挨拶

趣味

起業家ばぁばnana

起業家ばぁばnana

50歳になった年にニュージーランドへ留学、通算1年間片言英語で過ごしました。 60歳になった年の年末に、起業。 年金に頼らず生活できる基盤を構築中です。 ひつじ年です。
いつもご訪問ありがとうございます。 ブログランキングに参加しています、ぽちっと頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

最近のコメント



sponsored link